読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

税理士のベンチャー日記。

勤務税理士がベンチャーに憧れて起業するまでの日記。役立つ情報を発信します。夢は大きく「日本を代表する会社を創ること!」

経営者の役割とは①

経営

こんにちは。

早速ですが、「経営者の役割」とは何かを考えていきたいと思います。

 

経営者の役割は「成果を出すこと」だと思っております。

じゃあ、その成果とは一体どのようなことを言うのでしょうか?

期待された数値(利益)を達成することに尽きると思います。

経営者の仕事の一つとして、利益計画(予算)を達成するための道を示す戦略を策定し実行することがあると思っております。

じゃあ、戦略とは何か。これは別記事で書きたいと思います。

 

基本的に年度が始まるまでに、利益計画(予算)をたてて、年度途中一定期間ごとに実績との比較を行っていく必要があると思っております。(いわゆる、予実管理ですね。)

これらの数値の分析について、利益が減少している場合に行うのは当然ですが、増加している場合においても、ただ喜ぶだけではなく、なぜ計画より増加しているのかという部分を徹底的に分析する必要があると考えます。

 

これらの分析の手法についても、今後記事にしていこうと思います。