読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

税理士のベンチャー日記。

勤務税理士がベンチャーに憧れて起業するまでの日記。役立つ情報を発信します。夢は大きく「日本を代表する会社を創ること!」

戦略・戦術とは

こんにちは。

戦略・戦術について考えていきたいと思います。

戦略と戦術は、言葉的には似ていますが、内容は全く異なるものになります。

 

戦略・戦術の内容は簡潔に説明すると下記の通りだと考えます。

戦略 → 経営理念を達成するために策定するもの。

戦術 → プロジェクトを成功に導くための戦い方(販売方法等)

 

戦略とは、経営理念を達成するために策定されるものになり、会社が行う事業の大きな方向性を示すもので、経営者が策定するものになると考えます。

企業の成績は、この戦略で大きく変わってくるものだと思っております。

なぜなら、その戦略によって、会社が提供する物やサービスが大きく変わってくることとなり、アプローチするお客様の対象も大きく変わってくるためです。

 

一方で戦術とは、プロジェクトを成功に導くための戦い方で、具体的には、販売方法であったり、どの広告を使用するのか、誰が何をやるのかなどをいいます。

戦術は、実際の現場で働く社員が考えていくことが大事だと思います。

もちろん、経営理念と経営者が策定した戦略を理解することは大前提となりますが。

 

戦略はビジョンで、戦術はビジョンを達成するために実行すべきこととも言えますね。

 

もちろん、戦略・戦術共に大事なものであるのですが、間違った戦略に基づいて行動していていたら、それは会社をダメにするだけです。

そのため、戦略の方が、会社にとっては大事なものになります。

いくら戦術が良くても、戦略が良いものでなければ、一時は業績が上がったとしても、いずれ業績は悪くなるでしょう。

 

また、戦術は細かいもので部分的若しくは短期的なものではありますが、逆に戦略は大局的なものであることから、会社経営に非常に影響を与えるものであると考えられます。

 

しっかりとした戦略を立てていく必要がありますね。