読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

税理士のベンチャー日記。

勤務税理士がベンチャーに憧れて起業するまでの日記。役立つ情報を発信します。夢は大きく「日本を代表する会社を創ること!」

税理士の仕事について

税理士

こんにちは。

税理士の仕事について考えてみたいと思います。

 

中小企業をお客様として仕事している町の税理士の多くは、記帳代行・決算・申告書作成業務がメインでした。

 

最近では、パソコンがかなり普及して、会計ソフトも安くなっていることから、お客様が会計入力を行い、その入力内容を税理士がチェックする、いわゆる自計化と呼ばれるケースが増えていると考えられます。

 

しかし、最近ではフリーやマネーフォワードを代表とする自動仕訳入力機能がメインとなっているクラウド上の会計ソフトが登場してきて、今まで記帳代行を軸として経営していた税理士にとっては苦しい状況になっていると思われます。

 

ただ、自分たちの収入が減るからといった理由のみで、これらの提案を行わないのは怠慢であると僕は考えております。

これからあるべき税理士の姿は、これらのテクノロジーの提案を行い、空いた時間についてはもっと付加価値の高い業務を提供して、世の中に貢献すべきであると考えます。

中小企業にとって、身近で相談できる相手は税理士だと思っております。

その税理士、経営、資金繰り等の相談をもっとできる時間を作るために、これらのテクノロジーを駆使する必要があると考えます。

そのような税理士が、一人でも多く増えていくことを願っており、また、そのような税理士をサポートするサービスもいつか作りたいと思っております。