読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

税理士のベンチャー日記。

勤務税理士がベンチャーに憧れて起業するまでの日記。役立つ情報を発信します。夢は大きく「日本を代表する会社を創ること!」

ブログを始めて約1月経ちました。

こんにちは。

ブログを初めて約1月経過しました。

今の心境を書き綴ってみようと思います。

 

 

「日本を代表する会社を作る」

これは、僕の目標であり、日々努力している理由の一つです。

なぜ、このような目標を立てているか。

その原体験を書きたいと思います。

 

僕は、税理士です。

新卒で前の会社に入社してから約4年間、税理士業務を行ってきました。(税理士登録をしていなかったら行うことができない業務もあるので、正確には税理士補助業務をしている期間も含みます。)

税理士になったきっかけは単純で、冷暖房が完備されている環境で仕事がしたかったから。(なんだその理由は、って思われる方もいるかと思いますが、今の僕も同じことを思っています。(笑))

なぜそのきっかけを生んだかと言いますと、高校生の時、屋外で仕事するアルバイトをしており、夏は暑く、冬は寒かったためです。

我ながらひどい理由だ。

 

しかし、この税理士という資格をきっかけとして、上京することとなりました。

東京は、色々な意味で競争が激しく、税理士業界も例外ではありません。

僕が以前勤めていた税理士法人は、その競争を勝ち抜くために、通常の税理士業務だけでなく、経営や財務関係等のコンサルティング業務も合わせて行っておりました。

その中で、数多くの経営者の方とお会いする機会があり、その経営者の方が頑張っている姿を見て、僕も頑張りたいと思ったのが最大のきっかけです。

その後、ベンチャーのイベント等で経営者の方々にお会いする機会があり、それぞれのミッションを達成するために生き生きとされているのが印象的で、自分もそのような世界に飛び込みたいと強く思いました。

 

会社経営は楽しいことだけではなく、むしろ苦しいことの方が多いと思います。

実際、会社経営で成功されている方の多くが同様のことをお話しされている印象が強いです。

正直、今のまま会社員をしていた方が楽でしょう。

仕事は勝手に回ってきて、賠償問題が発生したとしても、その賠償を所属税理士として負担することはないでしょう。

だけど、会社を創って事業を行うことにより日本経済を大きく発展させる。

そして、「日本を代表する会社」にまで成長させるために行動することが、僕の生きる目的でもあると考えております。

 

数年後どのようになっているべきを最近よく考えます。

自分自身の事業計画みたいなものですね。(今は頭の中にしかないですけど…)

時間は有限です。

その有限の時間を無駄にせず活用することにより、僕自身が成長するとともに、この目標を達成したいと思っております。